運輸安全マネジメントTransport Safety Management

Home > 運輸安全マネジメント

運輸安全マネジメントに関する取り組みについて

弊社は、輸送の安全を確保するために、以下のとおり全役職員が一丸となって運輸安全マネジメントに取り組んでまいります。


1. 安全に関する基本的な方針

平和コーポレーション株式会社は、輸送の安全確保が自動車運送事業の社会的使命と深く認識し、全社員に輸送の安全確保が最も重要であるという意識の徹底を図り、安全マネジメント体制の維持、継続的な改善に努めるため、次のとおり安全方針を定める。

  • 社長は、輸送の安全確保が事業経営の根幹であること深く認識し、社員に輸送の安全確保が最も重要であるという意識を徹底させます。また、社内において輸送の安全の確保に主導的な役割を果たします。
  • 安全マネジメントを確実に実施し、全社員が一丸となって業務を遂行することにより、絶えず輸送の安全性の向上に努めます。
  • 輸送の安全に関する情報について、積極的に公表します。

2. 輸送の安全に関する目標及び当該目標の達成状況

1. 事故削減目標

年度 重大事故 交通事故 内訳
目標 実績 目標 実績
平成28年度 0件 0件 7件 16件
平成29年度① 0件   10件 18件 (貸切)物損事故8件
(乗合)物損事故5件
(乗用)物損事故5件
平成29年度② 0件   10件    
※重大事故は自動車事故報告規則第2条に規定する事故、交通事故は重大事故を除く有責・無責のすべての事故をいう。
※期間は、平成28年度(平成27年5月1日~平成28年4月30日)、平成29年度①(平成28年5月1日~平成29年3月31日)、平成29年度②(平成29年4月1日~平成30年3月31日)となります。

2. 関係法令及び社内規定の遵守を確保

関係法令及び社内規定(安全管理規定等)の遵守は、四半期毎に教育を実施します。

3. 安全管理の取組状況の点検と改善

安全を管理する規程に基づく「安全管理の取組状況の自己チェックリスト」により1年1回以上チェックを行い、全員で必要に応じて問題の解決に向けた対策を講じます。

4. 輸送の安全に関する教育、研修の計画を作成し、これを適確に実施します。

  • 事故防止対策会議(年4回開催)
  • 乗務員研修(2ヶ月1回開催)
  • 事故惹起者への指導(事故発生時)

3. 平成29年度① 輸送の安全に関する公表(平成28年5月1日~平成29年3月31日)

平和コーポレーション株式会社は、平成29年度①輸送安全マネジメントに関する取り組みについて、次のとおり輸送の安全に関する公表を行っております。

輸送の安全の関する目標及び当該目標の達成状況

  • 事故削減目標 重大事故0件、交通事故10件重大事故0件・交通事故18件(乗合5件・貸切8件・乗用5件)と目標を達成出来ませんでした。
  • 関係法令及び社内規定の遵守を確保関係法令及び社内規定に関する教育を計画通り実施しました。
  • 安全管理の取組状況の点検と改善「安全管理の取組状況の自己チェックリスト」によりチェックを行いました。
  • 輸送の安全に関する教育、研修の計画を作成し、これを適確に実施します。「事故防止対策会議」「乗務員研修」「事故惹起者への指導」を適宜実施しました。

自動車事故報告規則第2条に規定する事故に関する統計(総件数及び類型別の事故件数)

年度 重大事故 交通事故 内訳
目標 実績 目標 実績
平成28年度 0件 0件 7件 16件 物損事故16件
平成29年度① 0件 0件 10件 18件 (乗合)物損事故5件
(貸切)物損事故8件
(乗用)物損事故5件
平成29年度② 0件   10件    
※重大事故は自動車事故報告規則第2条に規定する事故、交通事故は重大事故を除く有責・無責のすべての事故をいう。
※期間は、平成28年度(平成27年5月1日~平成28年4月30日)、平成29年度①(平成28年5月1日~平成29年3月31日)、平成29年度②(平成29年4月1日~平成30年3月31日)となります。

輸送の安全のため講じた措置及び講じようとする措置

  • 運転者教育・研修運転者年間教育計画を作成し、初任運転者研修、適齢運転者研修、現任運転者研修及び初任適齢、現任運転者に対する関係法令遵守、ヒヤリハット等の小集団教育を実施して輸送の安全確保に向けた意識の向上を図りました。
  • 交通安全運動等期間中は、事故防止運動を実施しました。
    • 春の全国交通安全運動
    • 夏の事故防止運動
    • 秋の全国交通安全運動
    • 年末年始自動車輸送安全総点検
  • 輸送の安全に関する安全管理の取組状況の点検と改善について、年2回実施し、是正・予防措置を講ずるとともに、継続的改善に努めました。

輸送の安全に関する安全管理の取り組み状況の自己チェックリスト及び措置内容

  • 本社及び各営業所で安全管理の取り組み状況の確認を実施しました。
  • 実施結果は見直しと継続改善への取り組みについて再徹底を行いました。
  • フォローアップ監督において、改善されたことを確認しました。

行政処分内容、講じた措置等

  • 名 称: 平和コーポレーション株式会社 本社営業所
  • 監査日: 平成28年2月25日
  • 処分の内容: 文書警告
  • 当該処分に基づき講じた処置
    • 全社員への周知徹底
    • 使用ソフトのフォーマット変更
  • 処分を受けた日: 平成28年4月20日

4. 安全管理規程

別紙 ( PDF ) のとおり

5. 輸送の安全に関わる情報の伝達その他組織体制

別紙 ( PDF ) のとおり

6. 安全統括管理者

山田 和洋(専務取締役)

交通安全への取り組み

私たちは、お客様に「安全」と「安心」を最優先し、「快適」なバスの旅をお届けいたします。

お客様に安心してバスにご乗車いただくため、徹底した安全管理に取り組んでいます。
社員教育や運転士心得として、「安全」こそが最も重要で基本となるサービスであると考え、お客様に安心してご利用頂けるよう、
社員一丸となって交通安全への取り組みを日々行っております。